geralt / Pixabay

スマホのやり過ぎによる視力低下はブルーライトが原因?その対策とは?について解説してきます。

 

現代はスマホを使う人が多くなってきました。

そんな中で、スマホ依存症になってくること問題視されてきて、それと同時に視力に異常をきたす可能性があるのです。
そんな、スマホのやりすぎによる視力低下との関係性について解説していきます。

スポンサーリンク

スマホのやりすぎによる視力低下の原因とは?

私は、最近仕事でスマホをつかうことが多いのですが、
何といっても、視力が少しづつ低下してきた気がします。
もともと、視力はあまりよくなかったのですが、それ以上に悪くなってきて、
遠くを見ると少しぼやけてて来るようになってきて、近視がひどくなってきました。
あなたはそのようなことはないでしょうか?

視力低下の症状の多くは、近視ですが、
その原因は何だと思いますか?

ブルーライト?

それともドライアイ?

疲れ目?

いろいろ原因がありますね!

近くばかり見てはいけないですし、

姿勢が悪く、画面に目を近づけすぎるのもよくないそうです。

スマホによる、視力低下はとても深刻な問題になってきています。

主な視力低下の原因はいくつかありますが、代表的なものをいくつか見ていきましょう。

スポンサーリンク

ブルーライトが原因?

ブルーライトは、パソコンやスマホなどから発せられる光のことです。

人が見られることのできる可視光線に含まれる光なのですね!

可視光線の中でも紫外線に最も近い光がブルーライトなのです。

紫外線はあなたも知っている通り、日焼けなどをする光です。

とても刺激が強いために、日焼け止めが作られるほどなのですが、
それに近い光を目で見続けるとどれだけ視力に悪いかということがわかるでしょう。

ドライアイが原因?

ドライアイは目の乾燥によって、目の潤いの不足によるものです!

目を保護するのに必要な涙の量が不足したりすることによって起こります。

これは、PCやスマホなどの細かな作業に集中しすぎることによって、
目が乾いてしまい、そのために涙の量も減少することによって、
瞬きの回数も減るために、視力に悪いわけですね!

そのため、あまり、目を酷使する作業は控えることが大切になってきます。

疲れ目が原因?

PCやスマホのやりすぎによる疲れ目が原因という場合もあります。

これは、小さな字を集中して眺めたり追ったりして、それを休まず長く続けている場合にはかなり疲れやすいでしょう。

特に、スマホでラインなどを何度もやり取りする場合やゲーム、ネットをする場合は要注意です。

目をあまりにも酷使しすぎると目が疲れて、疲れ目の原因となります。
それだけならいいのですが、
目の疲れから、目の病気になる可能性もありますので、あまり長時間スマホやパソコンを継続してやらないように注意しましょう。

 

ブルーライトによる視力ヘの悪影響とは?

長時間スマホをいじっていると、目が疲れてきて、充血することもあるでしょう。

ドライアイになったり、ブルーライトや疲れ目などによって視力に悪影響が出る場合もあります。
そんな時にどのように対策していけばいいかを紹介していきます。

スマホのやりすぎでブルーライトによる視力低下の対策方法とは?

スマホをやりすぎることによって、ブルーライトによる強い光の刺激を目に受け続けることがあります、なので、そのために対処が必要でしょう。

そのために役に立つ方法がいくつかあります。

視力低下の対策方法

●ブルーライトカットをしてくれるレンズの付いた眼鏡をつけること

●スマホやPCにブルーライトカット用にシートを貼ること。

●ブルーライトカットのシートと眼鏡を両方使うこと

●スマホやPCの画面の明るさを調整して光の刺激を抑えること。

基本的にこれらによって、対応が可能です。
ブルーライトカットにシートは貼るのが結構難しいですが、失敗さえしなければ大丈夫です、
ものにしては結構高く感じるかもしれませんが、やはり、視力のことを考えると、使用して損はないでしょう。

もう一つのブルーライトカットの眼鏡ですが、これもブルーライトをかなりカットしてくれます。
なので、スマホやPCを長時間使用するときには使ってみるといいでしょう。

もう一つお勧めの方法が、
ブルーライトカットのシートをつけて、眼鏡でもブルーライトカットすることです、
これがかなりオススメで、かなりの割合でブルーライトをカットできます。
さらに、画面の明るさを少し暗めに調整することによって、光の刺激をかなり抑えることができるので、それもしっかりしておけば、かなりの光の刺激を抑えることができるので、
目への負担を抑えることができ、結果的にブルーライトによる視力低下の対策になります。

 

ブルーライトによる視力低下について。総評とまとめ

スマホの使用しすぎにより、ブルーライトによる目へのダメージは視力低下が引き起こされます。

疲れ目、目の乾燥などとともに、同時に起こればさらに目への悪影響はひどくなってきます。

そのために、定期的に目を休めること、スマホやPCの画面の明るさを調整すること、ブルーライトカットのシートやグラスなどをしようしてブルーライトをカットしたりすることをお勧めします。

これによって、目の疲れがかなり和らぐことでしょう。

>>>ブルーライトカットで視力低下対策をする
 

スポンサーリンク
おすすめの記事