湿度調整にはスチーム加湿器がおすすめ。部屋が乾燥しないための場所について解説

 

冬になると日本は湿度が下がってきます。

そのために必要な対策とは何でしょうか?

まとめてみました。

スポンサーリンク

湿度調整のために必要な方法とは?

冬は基本的に乾燥していて、湿度が低いともいわれていますが、

湿度が高い場合があります。

その場合、窓ガラスは湿気によって結露します。

しかし、日本海側は基本的に冬でも雨や雪などが降るために、湿度は高いことが多いですが、

太平洋側などは、冬には雪などが降らないために空気が乾燥してしまって、湿度が低くなる傾向にあります。

また、日本海側は、湿度は高くても、暖房などを使うために結局は湿度が低くなってしまうのですね。

なので、それがインフルエンザがはやる原因にもなっています。

スポンサーリンク

部屋の湿度が高い場合

日本海側の場合、基本的に湿度が高い傾向があるので調整する必要はないと重いかもしれませんが、
ストーブやエアコンなど暖房器具をつければ結局は湿度が下がって乾燥してしますので、
その場合は部屋の湿度をふたたび高くしなければなりません。

なので、そのために役立つのが加湿器というわけですね!
余談ですが、日本海側や東北地方など、雪の多く降る地域に住む人たちは肌がきれいな人が多いと思います。その理由は日照時間の短さと、湿度の高さが原因ではないかともいわれています。
そのために、加湿器は美容にとってとても大切なものなのですね!

 

部屋の湿度が低い場合

湿度が低いのは雪が降らない地域のほとんどは湿度が低いです。

冬は主に太平洋側など雪の降らない地域は乾燥しますので、

加湿器が必要です。

さらにストーブやエアコンをつけると乾燥するので、加湿器が必要になってきます。

加湿器をストーブの近くに設置しておくことによって、乾燥を防ぐことができるのですね!

たまに、ストーブに加湿機能がついているのもありますが、

やはり、付属のものとでは性能が違いますから、本物の加湿器を買ったほうがいいでしょう。

 

湿度調整で部屋が乾燥しない場所とは?

部屋が乾燥しない場所は冬であれば、まずないといっていいでしょう。

お風呂は湿度が高いかと思いますが、

なので、スチーム加湿器などをつかって湿度を上げることが大切になってきます。

日本海側などで湿度が高い場合もエアコンなどで乾燥する場合、必然的に加湿が必要になってきますので、このスチーム加湿器を使ってみましょう。

 

湿度調整をするためにはスチーム加湿機がおすすめなわけ

湿度調整をするためにスチーム乾燥機がおすすめなわけは即効性があるからです。

もちろん、手入れは大切ですが、もっとも使いやすい加湿器といってもいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事