年越しそばのタブー!年が明けて食べると縁起が悪い理由と由来とは?について解説していきます。

年末大みそかに年越しそばを食べる風習は江戸時代から続く日本の伝統的な習慣です。
毎年、12月31日になると、日本人のおおよそ50%以上の人が年越しそばを食べるといわれています。

その、年越しそばは、縁起のよいものとして家庭で食べられることが多いです。
昔と比べるとかなり減ってきましたが、それでもまだ守られているといえますね!
では、なぜ大晦日の12月31日に年越しそばを食べると縁起が良いのでしょうか?
また、年越しそばのタブーなどにもふくめて説明していきます。

この記事を読んでわかること
年越しそばのタブーと縁起が良くないタイミングとは?
年越しそばを食べる理由と由来とは?
年越しそばは大晦日に食べることが大切!!
スポンサーリンク

年越しそばのタブーと縁起が良くないタイミングとは?

年を越すのになぜ年越しそばを食べるのでしょうか?
それには理由と由来がいくつかあります。
一部の地域ではうどんを食べる地域もありますが、それは例外です。
基本的には日本では年末にはうどんではなくそばを食べることが風習となっています。

スポンサーリンク

今年一年の災厄を断ち切るという由来とタブー

それは、そばはゆでるときや食べるときに切れやすいという特徴があるのですね!
ラーメンやうどんといったほかの麺と比べて、ソバの麺はとても切れやすいですよね!
ゆでているときでも、食べるときでも切れやすいわけです。
そのような特徴を持っていることから、
そばは、「今年一年の災厄を断ち切る」といわれているのですね。
そういうことから、年越しそばを年末に食べることによって「今年一年の災厄を断ち切る」というということで縁起をよくするためにあるのです。

今年は厄年だったとしても、年越しそばを食べれば、厄を断つことができるのですね!
しかし、年内に厄を断ち切らないと次の年まで厄を持ち越してしまうばかりか、お正月に食べると、良い運気までたってしまうためよくないのでとても縁起が悪くタブーとされています。
そのため、年越しそばを食べるときは年をまたいだり、次の年に食べるのではなくて、
かならず年内に食べることが大切です。
また、年越しそばを残すことも縁起が悪いので、すべて食べましょう。
しっかりと、その年の厄は年越しそばを食べることで、断ち切ることでいいお正月を迎えましょう。

年越しそばを食べる理由と由来とは?

年越しそばには様々な由来がありますが、そのうちのいくつかを説明していきたいと思います。

そばの植物の生命力からの由来

そばの植物は、強い雨風にあるような厳しい環境であったとしても、日光を浴びるだけで再び元に戻るくらいの生命力のあるとても強い植物なんですね。そんな強さを持った植物からできたそばを年末大みそかに食べることによって、家族や自分が強くたくましく厳しい環境でも生きられるようにという意味で、つまり健康を願うことで年越しそばは食べられるのですね!
そのような意味が年越しそばにはあるのです!深いですよね!
幼い子供の健康であったり、お年寄りがより健康で長生きできるようにとそのように願うためにも、食べることでとても縁起がいいものです。
そして、病気や療養が完全に治ることを願うものとしての縁起のよさが年越しそばがあるので、食べられているのです。

長寿や延命などを願うという由来

そばの麺は細長く伸びているために、その麺を年末大みそかに食べることによって来年もソバと同じように細く長く生きるという願いを込めたことが由来です。

五臓の汚れを取ることからの由来

日本最古の医学書「医心方」によるとそばは五臓の汚れたカスを洗い流して精と神をつなぐ」
と記されています。
なので、年越しそばは、今年一年の汚れを綺麗に取ることができる縁起もとしてされているわけです。

 

☆年越しそばは大晦日に食べることが大切!!

年越しそばは、基本的に縁起ものなので年末大みそかに食べることが大切です。
地域によっては小括に食べるところもあるでしょうが、基本的には大晦日にたべて、今年の災厄を断ち切って、よいお正月を迎えることが大切です。
また、トッピングによっても縁起の良さは変わってくるので、そのあたりも気を付けて、今年を乗り切りましょう!

また、年越しそばは年をまたいで食べては縁起が悪く、年を越す前に食べないと縁起が悪いのです。
それはなぜかというと、年越しそばの由来が理由です。

年越しそばの由来は先ほど説明しましたが、他にもいろいろあります。

そばは切れやすいことから、1年の苦厄も借金も断ち切るということを願うこともあります。
そのいわれから、年越しそばは、「年切りそば、借銭切り、勘定そば、縁切りそ、何て呼ばれることもあるんですね!

総評とまとめ

年越しそばはこのように、とても縁起を担いでくれるものです。

しかし食べるタイミングを間違えると縁起はあまりよくありません。

なので、年をまたいで食べるのではなくて、年末大みそかに食べるとよいでしょう。

特に時間は決まりはないです!

もちろん、地域によって異なりますので、すべてではありませんが、

基本的に日本のほとんどでは、年末大みそかに年をまたがないで食べることが大切です。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事