jbom411 / Pixabay

七五三は日本での子供の成長を祝う行事です。

3歳・5歳・7歳になると、七五三のお参りに行くのはご存知かと思います。

七五三では、どのぐらいの時期の間に生まれた子供を祝うのでしょうか?

年齢によって祝う性別も違うともいいますね。

それについてもよくわからないことはあると思いますので、

せっかく子供のお祝いの日なのですから、知っておきたいでしょう。

なので、その七五三についての詳細をシェアしていきますね。

スポンサーリンク

七五三は何歳でやるのか?早生まれの場合は?

毎年11月にある七五三は子供たちの大切なお祝いイベントです。

七五三とはその名のとおりで、7、5,3歳の時期に子供をお祝いする大切な儀式です。

では、ここで気になるのが、七五三では早生まれの場合は数え年か満年齢どちらが選ばれるのでしょうか?

早生まれの場合は、そこが悩みどころですよね!

実は、明治までは数え年が使用されていましたが、現在では、満年齢が使われています。

よって、1月1日~12月31日といた数え方ではなくて、

4月1日から3月31日といった数え方になりますね。

 

七五三は何歳でやるのか?その理由は?

七五三は、男の子は、三歳と五歳。

女の子は三歳と七歳に行います。

では、なぜそうなったのでしょうか?それは、

中国の陰陽説の中で奇数のことを縁起の良い数、つまり、めでたい数と言われていたのです。

そのめでたい数が七、五、三であるために、その年齢にお祝いするとなっています。

そのほかに、子供の厄年がその年齢にあるからでもあるそうです。

昔は子供の死亡率が高く、子供の健康を祝うために始まったといわれています。

では、なぜ七、五、三の年にやるようになったのでしょうか?

なぜ、七五三は七歳・五歳・三歳にやるようになったのか?

7歳までの子どもは、乳幼児の死亡率が高かったときは、神の子とも呼ばれていました。

そして、7歳になって初めて立派な社会の一員になれたといわれています。

・三才でやること(男女ともに)

男の子も女の子も髪を伸ばし始める”髪置(かみおき”

・五才でやること(男の子のみ)

男の衣服である袴を着る  ”袴着(はかまぎ)”

・七才でやること(女の子のみ)

女の子は大人用の着物の帯を使い始める”帯解(おびとき)”

三歳で言葉を理解してくること、そして五歳で知恵がついてきて、七歳で乳歯が生え変わるなど、

育っていく過程において、いろいろな危険性がある時期で、免疫力も弱く病気にもなりやすいので、紙にお祈りをする行事となっています。

昔と違って今では、子供を喜ばせるための儀式ともいえるかもしません。

 

>>>七五三用の着物の一覧はこちら

スポンサーリンク
おすすめの記事