出典:wikipedia

出典:wikipedia

茶色い小さい虫(シバンムシ)を見たことはありますか?

まるで、小豆のような形をして、今にも食べ物のようですが、実際は小さな虫です。

その名もシバンムシといいます。

このシバンムシがわんさかわいてくるととても厄介なんですよね!

スポンサーリンク

茶色い小さい虫(シバンムシ)の生態と特徴

出典:wikipedia

茶色い小さい 虫(シバンムシ)の生態とは何なのか?

虫が嫌いな場合は知りたくないでしょうが、役に立つことなので知識として身に着けて置いてください。

<シバンムシの生態>

正式名称はタバコシバンムシ。

ジンサンシバンムシと並び、貯蔵食品害虫といわれるシバンムシの一種です。

生息地は世界中に多く分布していて、日本にもほとんどすべての都道府県に分布しています。

出現場所は、部屋の壁から天井やソファーや布団の上、衣類や窓、障子、ドアや食器まで、いたるところに発生します。

 

多くの家庭で見かけることがあり、乾燥食品など、あらゆる乾燥物を食害します。

その名のとおり、タバコシバンムシはタバコの倉庫や処理施設で乾燥したタバコを食べる害虫です。
しかし、このシバンムシは一般的にお店や家庭の貯蔵タバコや葉巻を食べることはありません。

なぜだろう?と思ってしまうが、

これらは、なんとペットフードやシリアル、ナッツ、スパイス、レーズン、種子など広範囲にわたって食害します。

また、タバコシバンムシの幼虫はまた、ソファーの詰め物を食べることが判明しているのです。

茶色い小さい虫(シバンムシ)の駆除の仕方を知っておこう。

 

茶色い小さい虫(シバンムシ)の駆除の仕方ですが、まず、簡単に言ってしまえば、手でつぶしてしまうというのがあります。

はっきり言ってグロいですね!

しかも、ぷちっと音がするので寒気がします。

虫嫌いな方にはお勧めしない作戦です。

もうひとつは、殺虫スプレーをかけてまず殺します。(ごめんなさい><)

>>>タバコシバンムシに効く殺虫剤まとめ

しかし、殺虫剤で殺しても殺しても、どこからともなく発生してくるのが、シバンムシです。

いったいどこから発生してくるのでしょうか?と思いますが、スプレーは一時的なものなので、また発生してくるようです。

もうひとつの作戦として予防・対策しておいてタバコシバンムシを寄せ付けない作戦です。

茶色い小さい虫(シバンムシ)の予防・対策の方法

茶色い小さい虫(シバンムシ)の予防・対策の方法ですが、シンプルに考えて、殺虫剤で今いるシバンムシを駆除します。

その後、タバコシバンムシをトラップで捕獲します。

トラップを使うことで、多くのタバコシバンムシを捕獲可能で、それにより予防・対策できます。

 

>>>タバコシバンムシに効く捕獲アイテムまとめ

スポンサーリンク
おすすめの記事