出典:wikipedia

出典:wikipedia

冬の寒い日に防寒対策は必要です!そんな時にオイルヒーターが役に立ちます!それについて解説していきます。

この記事を読んでわかること

◎オイルヒーターのメリット
◎オイルヒーターのデメリット
赤ちゃんや子供の防寒対策にはオイルヒーターが安全?
スポンサーリンク

冬の寒い日に防寒対策に役立つオイルヒーターのメリット

オイルヒーターのメリットとしては次のようなものはあります。

安全性が高いということ

燃料もあまり使われず、表面もそれほど高温にはならないために、火災ややけどになる可能性はとても低いです。なので、赤ちゃんや子供、老人がいる家庭で最も使い勝手がいいのが、このオイルヒーターです。ただし、あまりにも長い時間にわたって近くで暖まりすぎると低温やけどの危険性もあり得るので、そのあたりは注意が必要になってきます。メーカーによっては高温になりえる機種もあるので、そのあたりも確認しておきましょう。

騒音がなくうるさく無い

オイルヒーターは音がほとんどしないため、運転音もなくとても静かでほとんど無音です。

部屋の空気を汚さない

ストーブのように火が燃えるようなことはなく、電気を流すことによって暖まっていくために、人にとって有害な一酸化炭素や二酸化炭素、揮発性有機化合物などは発生しないので、換気を頻繁に行わなくても大丈夫なのです。そして、エアコンのよう風が出ることもないのでほこりがでることもなく部屋をしっかりと温めることができます。
このようなことから、オイルヒーターは、ほこりや花粉などのアレルギーがある人にも最適と言われています。

メンテナンスがラクラク

本体内部に油の交換は必要ないですし、フィルターなどもないためにメンテナンスもいりません。
必要なのは時々、本体表面のほこりを取るだけなのでとても簡単と言えます。

移動することが可能

本体は結構な重さですが、キャスターがついているので、簡単に移動できます。
しかし、消費電力が大きいため、延長コードを使うことは勧められていないために、
コンセントは近くにある必要性があります。

このような理由から、机の下や身体の近くや足もとなどに置く暖房器具としてメリットが多いです。

静かで、ニオイもまったくなく、すぐにやけどすることもならないなど、

安全性も環境にも配慮されていて暖房器具として抜群のパフォーマンスがあります。

冬の寒い日に防寒対策に役立つオイルヒーターのデメリット

オイルヒーターの欠点としては次のようなものがあります。

暖房能力に比べると消費電力がやや高いためにエネルギー効率が悪いです。
エアコンの場合は消費電力の3~6倍ほどの暖房能力が発揮できるので、そのあたりが、差ですが、
メリットを考えると、やはり、十分かもしれません。
そしてなにより、カーボンヒーターや電気ストーブなどと言ったエアコン以外の電気暖房器具とは差がないためにかなりコスパの良いものと言えます。

自然対流によって部屋を暖めていくために、完全に温かくなるには時間が結構かかります、
しかし、この欠点もサーキュレーターなどを活用することによって、改善されます。
ただし、風を送るとほこりが舞いますし、電力も消費します。
そのあたりは、速く温めたいときに使うかどうかで判断してみましょう。

赤ちゃんや子供の防寒対策にはオイルヒーターが安全?

最近は共働きの家庭も増えてきました。

そんな時に、石油ストーブなどを使っていると火事の危険性が伴いますよね!

しかし、オイルヒーターであれば、電気だけですので火事の危険性が格段に減りますし、

赤ちゃんや子供が触っても熱くないのです。

なぜ触っても熱くないのかというと、それはオイルヒーターは表面の温度が高くならない構造になっているために、ずっと触っていなければそれほど危険ではないといえます。

石油ストーブなどでしたら、少し触っただけで熱いですし、火事の危険性もあります。

なので、共働きで子供や赤ちゃんがいる家庭に置いといては危ないといえますね。

そんな時に役に立つのが安全なオイルヒーターというわけです。

>>>オイルヒーターで部屋を暖める

 

【オススメの関連記事】

>>>防寒対策!冬の寒い日に部屋の中で役立つ寒さ対策アイテム特集9選

 

スポンサーリンク
おすすめの記事