出典:wikipedia

出典:wikipedia

家の中を小さな虫が飛ぶことはありますが、その中でも何度も見たことあっても、名前がわからない。

そんな虫はいると思います。

食事中に食べ物の容器の近くに止まったり、コップの飲み口に止まったりと不快で仕方ない虫です。

あの小さい虫なんだろうと調べたとき思い出すのがたいてい、このキノコバエです

コップの飲み口に止まったときは「たとえ洗ってもこのコップは捨てよう・・・」と思うくらいでした。

このキノコバエについて、対策・駆除と予防の方法をまとめたので紹介しますね。

スポンサーリンク

家の中を小さな虫が飛ぶ(キノコバエ)わけとは?まずは生態を知る!

出典:wikipedia

家の中を小さな虫が飛ぶ(キノコバエ)そのわけと生態?

そんなこと知ってもどうする?っていう感じかもしれませんが、キノコバエの予防と対策のためなので、しっかりと知っておきましょう。

<キノコバエの生態>

北は北海道、南は沖縄まで、日本全国に分布している虫。
発生する時期は4~6月または9月~11月であり、梅雨の時期に発生しやすいといえます。
体長は1~6mm前後で、10mmにもなるのもいるという。
まさに、不快害虫の典型といえるものですね。
いつもは屋外に生息しているからいいものの、すきを狙って侵入してきた成虫が本当にヒトにとって迷惑といえるでしょう。
なんと、屋内の植木鉢や肥料からもうじゃうじゃわいてくることがありえるのだから本当になんとかならないのかね。
その外でわいてきた成虫がなんと光に誘導されて家に入ってくるんだとか・・・
家の食器とかにも止まったりするんだから、めちゃくちゃ不快になりますね!!
外でじっとしていればいいものを・・・。

家の中を小さな虫が飛ぶ(キノコバエ)が大量発生!その予防と対策とは?

出典:wikipedia

<家の中を小さな虫が飛ぶ(キノコバエ)>

キノコバエは人に直接害はありませんが、やはり不快な害虫といえます。

人の食事中にすぐ上を飛んで、「ピタッ」とお茶碗や湯飲みの上に着地することもあります。

いやいや、なんでこんなところに止まるの、こっちは食事中ですよ!大迷惑です。

ほんと、不快でご飯食べる気が失せてしまいました。

<予防方法>

基本的に幼虫のすみかとなる場所を日常的に清掃や除去することによって発生源を断つことによって、家の中での発生を抑えることはできます。

また、お手洗い場やお風呂の排水管などを市販のパイプ洗浄剤を使うことによってしっかりと定期的に掃除することが大切です。

また、植木鉢の受け皿に水がたまっていたり、有機肥料を与えた後や水気の多いところに発生するところに発生することが多いので、なるべく鉢などは水気をないようにするために、霧吹きなどを使うと発生しづらいです。

家の中を小さな虫が飛ぶ(キノコバエ)の駆除の仕方

出典:wikipedia

駆除の仕方は、基本的に市販の殺虫剤で駆除することが可能です。

駆除した後には掃除機で吸い取りましょう。

そして、予防と対策をしておくことで防虫しておくことが大切です。

>>家庭で使えるキノコバエ駆除アイテム
 

スポンサーリンク
おすすめの記事