おせち料理の田作りは縁起がいいのか?その由来と食べる理由とは?について解説していきます。

お正月になるとおせち料理を食べると思います。
今回はその中でも田作りについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

おせち料理の田作りは縁起がいいのか?

田作りはおせちには欠かせない食べ物です。

田作りは小さなカタクチイワシを素干ししたもので、別名ごまめと呼ばれていて、乾燥して干した、いわしを炒って醤油やみりん、砂糖、赤唐辛子、みりんを使用して甘辛く調理したもので、とても縁起がいい食べ物なのです。

田作りは、五穀豊穣を願い、関東でも関西でも祝い肴3品のうちの1品として知られてて、
健康、豊作祈願、子孫繁栄などの意味がありとても縁起がいいのです。

スポンサーリンク

健康を願う

田作りは、別名ごまめとも呼ばれることは先ほど説明しましたが、
実はごまめの「まめ」にはいくつかの意味があります。
それは、「苦労もいとわずに精を出してすること」という意味と、
「体が丈夫なこと、元気に、健康」などの意味があります。
そのことから一年中、体が丈夫で健康で過ごせるよう願いを込めることを意味してるのですね。
ただ、願うだけでなく栄養も豊富にあるのでしっかりと食べれば健康にいいものです。

 

豊作祈願のため

田作りという名前からしてそのまんまイメージしていけばわかると思いますが、
つまり、田植えの豊作の願うためともいわれています。
昔は、イワシを肥料にしえていたことから、そのように願われるようになったのですね!
イワシは、高級な肥料として使われていて、田んぼや畑にまくとコメがたくさん取れたり、稲が良く実ったりととても豊作になるともいわれていたことから、
このような縁起物になったことと言われています。
豊年豊作、五穀豊穣になる、とてもめでたいものなのですね!

ごまめはもともとは、小さな目をした魚という意味でしたが、
ごまめは漢字では五万米と書くのですが、このように書くのは、
干したイワシを肥料として使用することにより、田んぼの土が肥えて五万俵ものお米がとれるといういわれから付けられたともいわれています。

イワシは出世魚で縁起がいい?

実はイワシは出世魚と言われています。

・シラス(稚魚)→ カエリイワシ(数cm)→小羽イワシ(10cm)→中羽イワシ(15cm)→大羽イワシ(20cmほど)と大きくなるごとに名前を変えているからなんですね!
魚売場や魚屋でその名前が使われることがあるようです。
出世魚といえば、ブリやスズキをイメージするかもしれませんが、
イワシもれっきとした出世魚なのです!
カタクチイワシは大きくても10㎝ぐらい二課なりませんが、それでもイワシです!
なので、とてもおめでたいですし、縁起がいいのですね!

 

子孫繁栄を願う

カタクチイワシの稚魚をたくさん使っている料理のために、子供がたくさん生まれるように、つまり、子孫繁栄を願うようにと言われています。
そのように縁起がいい食べ物なのです。

おせち料理で田作りを食べる理由とその由来とは?

田作りを食べる理由は先ほども述べた通り縁起がいいからと言われています。

健康、豊作祈願、子孫繁栄の意味がありとても縁起がいいものと言えます。

そのため、今まで食べられ続けていたのですね!

もちろん栄養価も高いです。

そして、田作りのゆらいは、文字の通りで「田を作る」ことという意味がから由来しています。
昔は田植えや畑に乾燥した肥料を使われていて、それは高級な肥料でしたが、そのおかげで、たくさんのお米や稲が取れたりしてとても豊作だったことから由来しています。
そのことから、田作りとしてイワシが食べることによって豊作を祈願することで縁起をよくすることから言由来しています。

おせち料理で田作りを食べる!総評とまとめ!

おせち料理は様々な具材がありますし、お正月の元旦に食べる取っても縁起の良い食べ物です。
1年の始まりをとても幸せにスタートしてくれるような運を与えてくれる。
そのような、食べ物の具材の一つが田作りなのですね!
田作り1つにしてもいろいろな縁起があったともいます。
年を越して運気を呼び込んでよりよい運をを取り込んで、新しい1年を良くしていくためにも、
田作りもしっかり食べたほうがいいでしょう。
縁起に良いだけで、それを信じるか信じないかは人それぞれですが、
やはり、昔から続いていることですし、田作り自体も健康にいいものです!
なので、食べてみるといいかもしれません。

田作りを食べることで健康、豊作祈願、子孫繁栄を願い、とても縁起がいいのです。

味もとてもおいしいですし、年に一回の重要な行事と言えます。

最近では、家庭でおせちを作るところも減ってきましたが、その分、おいしいおせち料理を販売するところも増えてきました。
手間をかけない場合は、通販などで予約すると手っ取り早いかもしれません。
おせちは、日本の伝統的な行事ですし、大切にしていきたいものです。

おせちを食べて、充実したお正月を満喫しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事