Free-Photos / Pixabay

 

布団を踏んではいけないという日本のマナーはご存知かと思います。

しかし、わかっていても踏んでしまったということもあるかもしれませんし、

お子さんが遊んで踏むこともあるでしょう。

では、なぜ踏んではいけないのか?

それについて深く掘り下げて生きたいと思います。

スポンサーリンク

布団を踏んではいけない理由はなぜか?

日本には数多くのマナーが存在しますが、そのなかでも身近に知られているものの一つといえるのが、

「布団を踏んではいけない」でしょう。

これは知らないということはあまりないのではないでしょうか?

では、なぜ踏んではいけないのでしょうか?

それには、日本独自のマナーの歴史であったり、その意味や理由があります。

それにはいろいろと理由があり、やはり、それを知っておくことで布団を踏むのを避けたほうがいいという常識を簡単に理解してもらうための言い伝えともいえます。

もちろん、布団以外にも枕などにもこのような言い伝えはたくさんあるのです。

簡単に言えば、布団は寝るものなので、踏んでしまうと中に入っている綿や羽毛が人の重みでつぶれてしまいます。

そうなると、布団の劣化が早まってしまうのですね。

なので、そのことによって、ふかふかの布団ではなくなるかもしれません。

もう一つは、人が寝るものなので、それを踏むのはとても失礼に当たるのが理由ですね。

そう考えると布団を踏んでは良くないことがわかると思います。

もし、布団がつぶれてしまった場合は、布団を干すといいでしょう。

また、重要なのは、布団に入るときもなるべく踏まないことがポイントとなってきます。

そして、朝目覚めたときに立つときも布団を踏んでしまうと良くないと思われますので、

ふとんはなるべく踏まないようにしましょう。

これは布団を長持ちさせるためにとても大切なことです。

入るときに立っていたら重力が布団にかかってしまいますからね!

なるべく、座りながらか、横になりながら、布団に入るといいでしょう。

スポンサーリンク

布団に座るのと横になるのが大丈夫な理由とは?

横になったり寝ることや座ることであれば、重みが分かれるので、劣化することはあまりないですが、

集中して踏んでしまうと劣化しやすくなります。

なので、布団に入るときは座ってゆっくり入りましょう。

ベッドなど場合は、踏むことはあまりないかもしれませんが、

敷布団の場合は特に注意が必要なマナー、常識といえますね。

布団をどうしても踏んでしまう場合、踏んでも大丈夫な布団とは?

そんなこんなで、布団を踏むことが自然となってしまう場合がありますが、

自然と歩いてしまうので仕方ないという場合もあるでしょう。

外に干すのも面倒で仕方ないでしょう。

私が愛用しているのはマットレスですが、とても薄くて軽いので、

布団を干すのもとても簡単です。

反発性があるので、足で多少踏んでも大丈夫だと思いますし、

部屋干しできるので、手間がかからずとても楽といえます。

なので、低反発マットレス、または、高反発マットレスはとてもお勧めです。

>>>軽くて丈夫な低反発マットレスの一覧はこちら
 

スポンサーリンク
おすすめの記事