出典:wikipedia

出典:wikipedia

冬の寒い日に一人暮らしの防寒対策にはコスパの高い電気ストーブがお勧めです。

メリット・デメリットとその理由について紹介していきます。

冬の寒い日は暖房を寒さ対策にたくさん使いますが、火事の危険性もあります。

そこで、おすすめなのが、電気ストーブというわけです。

火事のリスクが極めて低いですし、一人暮らしにもお勧めです。

この記事を読んでわかること
◎冬の寒い日に防寒対策に役立つ電気ストーブのメリットとは?
◎冬の寒い日に寒さ対策に役立つ電気ストーブのデメリットとは?
◎一人暮らしの防寒対策にはすぐに身体を暖められる電気ストーブがベスト?
スポンサーリンク

冬の寒い日に防寒対策に役立つ電気ストーブのメリットとは?

出典:wikipedia

スポンサーリンク

①電気代しかかからない。

電気ストーブのもっともわかりやすい長所と言えばなんといっても電気しか使わないので、電気代しかからないことでしょう。

これは大きなメリットになります。

電気さえ使えればストーブをつけて温められるのですからね!

エネルギー不足で灯油の値段も上がってきている今だからこそ、電気ストーブを使ったほうが無難と言えるかもしれません。

特に一人暮らしの場合は部屋も広くないと思うので消費電力も少なく最適と言えます。

②遠赤外線で体の芯まで暖められること。

遠赤外線によって、体の芯までしっかりと温めることが可能になります。

③暖まるまでの時間が短い

電気ストーブはスイッチを入れるだけですぐに温めることが可能です。

なので、完全に温まるまでの時間があまりなく、すぐにあったまるのですね。

そのため、温めたい部分も簡単にラクラク暖めることが可能です。

④温風が出ない

空気を汚すことなく、遠赤外線によってあたためるために空気を汚すことはありません。

なので一酸化炭素中毒になる危険性もありません。

石油やガスストーブのように二酸化炭素が発生することもないので、空気が汚れないために、

酸素は綺麗なままなので、一酸化炭素中毒の危険性もありません。

そして、ホコリなどをださないため、アレルギーを持っている人におすすめなのが、

この電気ストーブです。

⑤火傷になる危険性がない

電気ストーブはしっかりと、ガードがついているために、ガードに触ると熱いですが、

それでも触っただけでは大やけどの心配はありません。「熱いっ」とはなりますけど、

すぐに手を引っ込めることでしょう。

なので、やけどの心配もなく子供も安心です。

⑥二酸化炭素が排出しない

電気ストーブは二酸化炭素は排出しないために、とても環境にやさしいです。

なので、安全です。

⑦火事の危険性が少ない。

電気ストーブは火を使わないので火事の危険性がまず少ないです、ほとんどの電気ストーブは倒れたら電源が切れる仕組みになっている

ためにとても安全性があるといえます。

もし、災害が起こってもすぐに消えるので大丈夫です。

冬の寒い日の寒さ対策に役立つ電気ストーブのデメリットとは?

出典:wikipedia

①部屋全体を暖めることはできない

すぐに温まりますし、部分的な暖房には向いていて遠赤外線がある電気ストーブですが、

部屋はすぐにはあたたまりません。

②電気代が結構かかる

電気ストーブは電気代が結構かかります。

また、電気なので停電したときに使えないということもデメリットですね。

一人暮らしの防寒対策にはすぐに身体を暖められる電気ストーブがベスト?

電気ストーブは火事の危険性が少なく、安全装置もついているために、一人暮らしの家庭におすすめです。

赤ちゃんや子供がいる家庭でも安心して使用できますし、温風がでないので、ホコリが舞ったりしないので、アレルギーを持つ人にもお勧めと言えます。

もしそれでも、気になると思った場合ストーブガードを使うといいでしょう。

>>>ストーブガードで安全に温める

実際に電気ストーブは火事の可能性はなく、

一酸化炭素中毒になることもないので、とても安全ですので、

どんな家庭でもお勧めできます。

 

>>>電気ストーブで暖まる

 

【オススメの関連記事】

>>>防寒対策!冬の寒い日に部屋の中で役立つ寒さ対策アイテム特集9選

スポンサーリンク
おすすめの記事