RitaE / Pixabay

赤ちゃんの服を洗うのにおすすめで刺激の少ない洗濯洗剤について書いていきます。

アトピーやアレルギー、敏感肌などにも役に立つとても優れた洗剤ですので、

参考にしてみてください。

この記事を読んでわかること
◎赤ちゃんの服を洗うのに最適な無添加洗剤(洗濯洗剤)とは?
赤ちゃんの服に無添加洗剤をお勧めするメリットとは?

無添加洗剤のデメリットとは?
赤ちゃんの服だけでなく敏感肌やアレルギーの方にもお勧め!

スポンサーリンク

赤ちゃんの服を洗うのに最適な無添加洗剤(洗濯洗剤)とは?

赤ちゃんの服を洗うのにもっとも適した洗剤は無添加洗剤(赤ちゃん用洗剤)です。

添加物が一切含まれていないのでお肌に優しいのですね!

普通の洗剤は”合成界面活性剤”を配合していて、合成洗剤とも呼ばれています。

界面活性剤は水と油を混ぜる性質があって洗剤にとって必要不可欠なものです。

そして、石油などの成分を使った界面活性剤を合成洗剤と呼んでいて、洗浄力が高くよく使われているのですが、赤ちゃんやアトピー、敏感肌など肌の弱い人にはそれが原因で問題を起こすこともあるようです。

赤ちゃんの服に無添加洗剤をお勧めするメリットとは?

スポンサーリンク

天然界面活性剤を使用している

無添加洗剤は天然界面活性剤を使っているので、分解スピードも速く、

肌、身体にも環境にも優しいのが特徴です。

なので、赤ちゃんや、敏感肌のかた、アレルギーやアトピーなど肌が敏感な方にはとてもメリットが大きいいものなのです。

2無添加洗剤だから赤ちゃんも安心できる

合成洗剤は肌の負担も大きいため、衣類に残ることがあります。

それは、分解の速度も遅いために、完全に分解できなかった場合は、衣類に長時間残ることもあるのです。

無添加洗剤は、石鹸を使用したものがほとんどなので、着色料や香料、防腐剤などは使用していないために赤ちゃんも安心して使用できるのです。

 

無添加洗剤のデメリットとは?

1洗浄力が弱い

界面活性剤に天然界面活性剤を使用しているために、洗浄力が合成洗剤と比べると弱いため、黄ばみなどの原因になり、石鹸かすなどが残ることもあります。

 

赤ちゃんの服だけでなく敏感肌やアレルギーの方にもお勧め!

赤ちゃんのように繊細な肌を持っている、敏感肌の方、アレルギーもちや、アトピー性の方など、肌の敏感な性質を持っている人にはとっておきなのが、無添加洗剤というわけです。

合成洗剤だと肌の敏感な方にはあまりやさしくないので、

天然界面活性剤を使っているので、安心して選択した服を着ることができます。

なので、この無添加洗剤を使うことによってより安心した生活を送ることができます。

もしかすると、合成洗剤を幼いころから使うことによって、肌が敏感になる原因になっているかもしれませんし、それを赤ちゃんのうちから対策していることが必要になってきます。

 

総評とまとめ

この洗剤は、天然界面活性剤を配合しているので、赤ちゃんなど肌が敏感な方には大変メリットがある洗剤ですし、添加物など一切含まれてないなど、いいところだらけですので、

もし、敏感肌をお持ちでしたら、この無添加洗剤をお勧めします。

>>>みんなが使っている無添加洗剤はこちら!

 

【オススメの関連記事】

>>>匂いや汚れなどの落とし方別洗濯洗剤特集7選!一人暮らしにも最適!

スポンサーリンク
おすすめの記事