jackmac34 / Pixabay

秋ナスは嫁に食わすなという言葉は一度は耳にしたことがあるのではないでしょか?

その語源や由来とは何か?についてご紹介していきたいと思います。

語源や由来を知っておけばあなたのこの言葉への理解が深まるでしょう。

なので、ぜひともご覧ください。

 

スポンサーリンク

秋ナスは嫁に食わすなということわざの意味や由来・語源

秋ナスを嫁に食わすなには4つの意味があります。

関西では秋なすびは嫁に食わすなといいます。

解釈は様々ですが、以下の4つのうちの1つ目が最も一般的です。

秋に収穫されるナスである、通称秋ナスは嫁に食べさせては良くないという説です。

解釈はさまざまですが、姑の嫁いびりの様子を現したとが一般的と言われています。

4つの意味
◎嫁いびり
◎子宝に恵まれない
◎健康上良くない
◎体を冷やす
  1. 秋のナスである、秋ナスはとてもおいしいものでありますが、他の家から憎い嫁に食わせてはもったいないという嫁いびりの様子を現した言葉です。
  2. 秋ナスは種がないので、子宝に恵まれなくなるという様子を現した意味。
  3. 秋ナスはそのおいしさから、たくさん食べてしまいますし、毒性のアルカロイドが含まれていることから、健康に良くないといわれていて、嫁に食べさせない方がいいといわれています。
  4. 東洋医学では、ナスを食べると体が冷えるといわれていて、女性にとっては体の冷えは健康上とても良くないので、子供が無事に生まれること思ってナスを食べさせすぎてはいけないということわざです。

 

同じような意味のことわざがある?

秋ナスは嫁に食わすなと同じような意味のことわざがいくつかあります。

それは、

意味の同じことば
・秋かます嫁に食わすな
・秋鯖(さば)嫁に食わすな
・五月ワラビは嫁に食わすな

であり、これらは秋ナスは嫁に食わすなと同様にどれも嫁いびりのことわざと言われています。

意味としては、憎たらしい嫁にはもったいないという意味で使われていて、

体を冷やすこと子宝に恵まれないといった心配から生まれた言葉であるといいます。

秋ナスは嫁に食わすなの由来や使い方とまとめ!

秋ナスは嫁に食わすなの使い方は、

 

◎秋ナスは嫁に食わすなと言うからには、取れたナスは嫁には見つからないように隠しておこう。

という使い方ができると思います。

他にもいろいろ使い方があるでしょう。

<まとめ>

秋茄子は嫁に食わすなの意味は、

嫁いびりという説が最も一般的であり、子宝に恵まれない可能性があったり、健康を害する可能性や、体を冷やすといった意味もあります

>>>辞典でことわざについて調べる

スポンサーリンク
おすすめの記事