Skitterphoto / Pixabay

今年、2018年の大晦日にある紅白歌合戦にaikoの出場が決定しました。
紅白にaikoさんが出場するのは久しぶりですが、今までに13回目の出場となるのですね!
そう考えるとすごいですね。

今回はaikoさんについて詳しく書いて行きたいと思いますので是非ご覧ください。

 

>>>aikoの新曲を聴いてみる

 

スポンサーリンク

aikoのプロフィール

aikoについて
名前:aiko(本名:・・・柳井 愛子 やない あいこ)
職業:シンガーソングライター
生年月日:1975年11月22日
出身地:大阪府吹田市
学歴:大阪音楽大学短期大学部
レーベル:ポニーキャニオン

略歴

略歴

1975年:大阪府吹田市で生まれる

★大阪府立東淀川高等学校在学中には生徒会で副会長を務めており、
高校卒業までは友人と一緒にバンド活動をしていた。

1995年:19歳で出場したコンテストにて、作曲・作詞した曲「アイツをふりむかせる方法」で、グランプリを獲得する。

1996年:短大卒業した後の4月からfm osaka「COUNTDOWN KANSAI TOP40」のパーソナリティとなって、そして、3つ番組のパーソナリティを務める。8月ぐらいに、大阪音楽大学短期大学部の卒業制作で友人との共同制作で「ドーテイオムニバスCD Vol.1」を発売。

★同じ年の10月に出場した「The 5th MUSIC QUEST JAPAN FINAL」というコンテストでは、椎名林檎らと同時に優秀賞を受賞している。

1998年:『あした』でメジャーデビュー

>>>aikoの新曲を聴いてみる

aikoの主な楽曲

aikoの楽曲
1: 1998年7月17日 あした 89位
2: 1999年3月3日 ナキ・ムシ 26位
3: 1999年8月4日 花火 10位
4: 1999年11月17日 カブトムシ 8位
5: 2000年2月17日 桜の時 12位
6: 2000年9月20日 ボーイフレンド 2位
7: 2001年2月21日 初恋 3位
8: 2001年5月30日 ロージー 2位
9: 2001年11月21日 おやすみなさい 2位
10: 2002年4月24日 あなたと握手 6位
11: 2002年8月14日 今度までには 3位
12: 2003年4月23日 蝶々結び 4位
13: 2003年8月6日 アンドロメダ 3位
14: 2003年11月6日 えりあし 5位
15: 2004年4月28日 かばん 3位
16: 2004年9月1日 花風 2位
17: 2005年2月16日 三国駅 2位
18: 2005年8月3日 キラキラ 2位
19: 2005年11月30日 スター 4位
20: 2006年7月12日 雲は白リンゴは赤 3位
21: 2007年5月30日 シアワセ 2位
22: 2007年8月22日 星のない世界/横顔 2位
23: 2008年3月12日 二人 3位
24: 2008年7月23日 KissHug 2位
25: 2009年2月18日 milk/嘆きのキス 1位
26: 2010年2月3日 戻れない明日 1位
27: 2010年4月21日 向かいあわせ 2位
28: 2011年5月11日 恋のスーパーボール/ホーム 4位
29: 2011年11月23日 ずっと 4位
30: 2013年7月17日 Loveletter/4月の雨 2位
31: 2014年1月29日 君の隣 5位
32: 2014年11月12日 あたしの向こう 4位
33: 2015年4月29日 夢見る隙間 7位
34: 2015年11月18日 プラマイ 5位
35: 2016年3月9日 もっと 3位
36: 2016年9月21日 恋をしたのは 3位
37: 2017年11月29日 予告 3位
38: 2018年5月2日 ストロー 6位
シングルとしては約40曲ほど出していて、ほとんどトップ10に入っているほど名曲が多いことがわかります。

 

>>>aikoの新曲を聴いてみる

総評とまとめ

aikoは幼いころ歌手になるということを反対されていたが、
高校生のころから作曲を始めており、高校になってからバンドを始めたのがきっかけで、今のaikoの原点があるのでしょう。

aikoは様々な名曲を世に送り出してきましたが、紅白も何度も出場してきているシンガーソングライターです。
今回は久しぶりの出場となりますが、期待しましょう。
みんなで盛り上がってaikoを応援しましょう。

>>>aikoの新曲を聴いてみる

【関連記事】

2018年紅白歌合戦の順番は?出演者、出演時間帯はいつ?曲の予想

スポンサーリンク
おすすめの記事